事業の運転資金やつなぎ資金とし

事業の運転資金やつなぎ資金として、キャッシングを利用したいと考えている自営業の人も多いと思います。


ですが、基本的に収入が安定している会社員に対して、個人事業主(自営業者)は金融機関のキャッシング審査に落ちやすい傾向にあります。


多くの自営業者は、時期によって経営状況にばらつきがあるので、返済計画が立てにくいというのが、審査落ちの理由になります。


今、キャッシングサービスには多くのものがあるので、業者によっては無事に審査を通過することもあります。


しかし、融資される金額は少なめです。


それに、事務所に固定電話が無いといったケースではほとんどのキャッシングサービスで審査落ちしてしまいます。


返済が難しくなると、踏み倒すことを考える人も珍しくありません。


ですが、正直言って、無謀なことですからおススメはできません。


法律の規定では、5年間全く返済や借入を行わなければ返済義務は消滅します。


ただ、毎日催促の電話や郵送の手紙が送られてきますし、仕事も辞めなければならなくなるでしょう。


5年という期間は一定のものでなく、業者が裁判や差し押さえの手段に出れば、時効が中断されます。


こうしてみると、弁護士などに相談して可能な返済方法を見付ける方が、よほど現実的だということが分かります。


社会人になると支出の金額も回数も格段に増えてきます。


足りないなというときに「あの人に貸した」なんて後々まで言われないためにもキャッシングを賢く利用しましょう。


使いみちを限定していませんから、様々な出費において役に立つはずです。


足りない分だけの利用に留めておいて、決められた期間内に返せば無利息なんていう特典が用意されていることもあります。


社会人になるまえに実印は作っておけと言われますが、同時に信頼できる会社でカードを作成しておくと安心です。


使わなくても期限がくれば更新できるので、安心してください。


後悔しないためには、お金を借り入れる前にはそれぞれの金融機関が提供しているキャッシングサービスを理解し、比較することが大事です。


今では、パソコンやスマートフォンから手続きのできる便利なサービスもありますし、銀行やコンビニATMに対応している業者も増えています。


ご自身にとってどのようなキャッシングが良いのか、しっかりと各サービスを比較して希望の融資を受けられる業者を利用しましょう。


もし、情報が多すぎてどう集めたらよいのか分からないという場合には、総合情報サイトや実際に利用した人の感想などを載せたサイトを事前にチェックしておきましょう。


キャッシングしたいのは他に頼れない時なので、近くて便利なキャッシング会社を選びがちです。


そのあとで、違う会社の方が金利が少ないと失敗したと思うでしょう。


事前に金利の計算をして、いくつかの会社を比較した上で最善の方法を選んでください。



2020年01月18日 Posted byMR-2 at 16:48