キャッシングで借りたお金を返した後、手持ちのカードは

キャッシングで借りたお金を返した後、手持ちのカードはどうするのがベストなのでしょうか。


中には、カードがあるとすぐに借り入れてしまうということで、解約を考えているという人も少なくありません。


実際に解約する場合の手続きは簡単で、ただ電話をかけて解約の手続きを申し込むだけです。


その後、解約手続きをしてカードを破棄すればOKです。


解約のタイミングは任意ですが、契約を解消すると、再度キャッシングを利用したくても、審査から始まるのですぐには使うことができません。


そのリスクをしっかり理解したうえで、解約手続きを取ることをおススメします。


即日融資はカードローンでも当たり前のようにできます。


ネットで申込みますと、何時間か待てばもう現金を手にすることが出来るのです。


という事は、カード発行を後に行うわけですが、カードを手に入れたあとでもネットだけの利用もできる業者がほとんどですから、現実的にはほぼカードレスローンだと言えます。


審査に通りやすいキャッシング業者も中には存在しますが、審査を簡単に通ることができる業者の多くは、高金利だったり、限定された返済方法しか用意されていなかったりと、デメリットが間違いなく存在するものです。


それが分かっていても、手持ちを必要としていて審査が難しいキャッシングの業者からはキャッシングしてもらえないならば、審査が緩いところに借りるしかないでしょう。


新たに借り入れを申し込もうと思ったら、すでに他の金融業者からの借り入れがある場合は、慎重になったほうが良いでしょう。


とくに延滞などの事故履歴がなければ心強いですが、それでも現在の借入状況などによっては審査に通らない可能性もあります。


延滞中でも借りられたケースはないわけではないですが、「ここなら絶対大丈夫」というところはありません。


また、事故顧客リストに名前が載っていたり、2ヶ月ないし3ヶ月以上の返済遅延がある場合は新しい借り入れ自体、まず不可能でしょう。


もしも自営業の人がカードローンを使う際は、雇用の契約をした人とは違いますから、定期的に収入があるという判断が難しく、借入の希望金額に関係なしに、年収を証明する書類提出が不可欠です。


これは税務署で収受印が押された所得証明書や確定申告書以外に、課税証明書や住民税の決定通知書などの、昨年の年収金額がわかる資料が使われるのです。



2018年11月06日 Posted byMR-2 at 20:42