僕は営業のしごとをしていて、カ

僕は営業のしごとをしていて、カードローンを使うことがあります。


だからというワケではないですが、借金に対する陰湿なイメージには賛同しかねます。


借金そのものの存在を隠蔽することにつながる気がするからです。


たとえば自身が世帯主である女性や主婦の方が、きちんと遣り繰りした上で、計算しても足りない部分を借金に頼るのであれば、むしろ自助努力の一環だと思うのです。


「人並み」のレベルを上げた「散財」は禁物ですが、借金苦と借金は別物だと周囲も認知すべきです。


また、女性や弱者が利用しやすい雰囲気なり返済プランを業者が提示していくのも大切だと思います。


それは、今後はこのような人たちが社会のボリュームゾーンになると思うからです。


スピード審査が売りのカードローンでも審査はあって、なかでも在籍確認はあって当然と考えたほウガイいでしょう。


ただ、例外的に条件を設けて、在籍確認の電話を省いてくれるカード会社も何社かあります。


名前の通ったところではモビットとかプロミスなどがあります。


どちらも銀行系ですが、特定の銀行に口座があって、給与の明細書、社員証や社保(組合健保も可)の保険証を持っている場合は、電話による確認を省略できます。


条件は会社によって違うため、先に確認しておいたほうがいいでしょう。


キャッシングでもローンでも気をつけなければいけないのは「延滞」です。


毎度の返済額にさらに遅延損害金が上乗せされるので、高くつきます。


それどころかたびたび返済が滞るといずれブラックリストに登録され、今後の借り入れができなくなってしまうなどのデメリットがあります。


手軽に利用できるよう、金融機関は窓口(ATM)を増やして対応していますから、余裕を持って返済していくことが大切です。


返済実績があっても、延滞すると信用を損ねます。


そのことは絶対に頭の中に置いておくようにしましょう。


カードローンを利用して借りた金額は決まった日ごとに返済しますが、一度に返済することも可能です。


この場合は当日までの金利が日割り計算されるため、全部を合わせた合計金額を支払います。


まだ支払い回数が多く残っていたら、一括返済をおこなうことで大幅に金利を下げられます。


もし、一括返済ができるなら、真っ先に全額返済をおこない、金利は1円でも安く抑えて下さい。


カードローンを申し込む際には総返済額に関わる「金利」が重要な比較材料になると思います。


ただ、同じ額を借りるならどこも同じような利息なので、却って混乱してしまうかもしれません。


少しでもお得感を狙うのなら、ポイントが稼げるところは利便性が高いと思います。


初回ポイントや利用ポイントがついて、インターネット上でお金と同じように使うことができます。


ポイントと円の換算率は会社によって違うので気をつけて下さいね。


また、返済方法を選ぶことで総返済額も増減しますが、トクだからといって安易な返済プランを立てると苦労します。


自分の収支バランスに合っているかを事前によく考えることが大切だと思います。
  


2017年01月11日 Posted by MR-2 at 08:30