昔から借りている人ならご存知だと思いますが、

昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、カードローンやキャッシングの貸付金利の上限は従来の20%から18%へと下がりました。


ただ、単純に喜んでもいられないようで、最大18%の金利が利息制限法で認められているのに、出資法ではそれを超える29.2%以下での貸付が可能です。


「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。


でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。


黒でも白でもないということで、グレーゾーンと呼ばれているのはそのためです。


電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。


あれは、利用者が払い過ぎた金利部分を返金してもらうための請求を起こすことで、専門知識のある法律事務所が代行しています。


キャッシングの借り換え先を選ぶ際は、まず低金利であるかどうかを確認することが大切です。


銀行系のキャッシングは低金利であることが多いのですが、審査を通るのが厳しいうえに審査結果が出るのも時間がかかるのが難点です。


他にも元々借りていた先のローンが低金利だったケースだと、審査も通りにくくなりますのでよく考えて借り換えをしましょう。


安易にキャッシングをするのはやめておいた方がいいですね。


仕事をまともにしていれば、簡単に返せると思うのは甘すぎます。


肝心の仕事さえも奪ってしまうのが返済できなかった時の取り立てなんです。


仕事場にかかってくる取り立ての電話により、仕事がしづらくなり退職せざるを得なかった人をたくさん知っているのです。


最近のカードローンの契約(申込)は超スピードで終わってしまい、以前を知る人は驚きを感じるでしょう。


いまなら借入に関わる一連の流れをウェブだけで済ますことができるウェブ完結があるので、24時間いつでもできて、早ければ数分で口座に入金というのが普通になってきています。


提出する書類があれば、デジカメやスキャナなどで撮影したものをアップロードしたり、メールに画像添付するといった方法は各社共通のようです。


審査なしでお金を貸してくれるところは、確実に闇金でしょう。


担保などがないのがキャッシングですから、審査することで返済可能かどうかを確認しています。


返済が難しいと思われる人には借り入れをさせないようにしないと、業者の貸したお金がなくなってしまい、潰れてしまいます。


言ってしまうと、審査の必要がないところは、なんとかしてお金を絶対に返してもらうつもりだということです。
  


2016年06月14日 Posted by MR-2 at 23:48